ごのへを知る、体験する。

広々とした芝生の敷地内に、図書館や記念館などを有する公園「歴史みらいパーク」。図書館に併設する「木村秀政ホール」では、日本初の国産旅客機YSー11の生みの親、木村秀政博士の生い立ちや功績を紹介。JA3133の機体が展示されています。フライトシュミレーターや航空機検索図鑑が利用可能。同敷地内には、寛永から明治初期まで地方一帯を統括していた「五戸代官所」があり、当時の姿が復元されています。
また、「ふれあい体験の郷」では、郷土の文化に触れられます。「ふるさとの味伝承館」で郷土料理づくりやそば打ち体験ができ、江戸時代後期の茅葺きの家を復元した「ふるさとの家」では、馬を大切にし、同じ建物で暮らしていた南部地方の生活様式を知ることができます。倉石地区にある石沢駒踊伝承館では、この地に伝わる音楽舞踊、「駒踊り」の衣装、用具、古文書などの資料を展示しています。

観光施設1 観光施設2 観光施設3 観光施設4

ごのへの特産品に出会う。

町内には、地元で収穫された野菜や加工食品などを扱う直売施設があります。「夢の森ハイランド」は特産物直売所、農産物加工センター、広場や展望台などがあり、4月〜10月の第3日曜日には、倉石牛を食べる日として「倉石牛焼肉の日」を開催(要予約)。「ふれあい市ごのへ」では、旬の農産物販売コーナー、さらに手工芸品の販売もあり、地元の方々の自慢の品が並びます。

観光施設5
  • 観光名所
  • 名所旧跡
  • レジャー
  • 五戸町観光協会 まるっと、ごのへトップ
  • 五戸町観光協会ホーム
  • 五戸町観光協会 まるっと、ごのへ動画リスト